逆流性食道炎の治療法〜あの辛い胸やけから解放された!

口臭を無くす 気づかない内にソンをしている口臭を治療する方法

今回ご紹介する逆流性食道炎の治療法に関する情報は
口臭を無くす 気づかない内にソンをしている口臭を治療する方法です。
逆流性食道炎でお悩みのあなたの参考になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日わずか10分!
早ければ3日後にも効果を実感できる
逆流性食道炎克服プログラムが期間限定で公開されています。
>>詳細はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

逆流性食道炎は禁煙・禁酒でどの程度改善されますか? 70歳の父が今年の春に逆流性食道炎と診断されました。
が、本人は病気に良くないとされているタバコ(3日で2箱)、飲酒(毎日ビールと焼酎を1杯か2杯ずつ)を止めてくれません。
ちなみに飲酒量は以前より減らしていて、発病前までは毎日6〜7杯飲んでいました。

医者には「タバコとお酒は控えるように」と言われただけで「止めろ」とは言われていない、が本人の弁です。
毎日薬を飲み(薬が効かないと言って2度薬を変えてもらいました)、食事も母が気を使って父の分を別に作っています。
タバコとお酒以外は、気をつけて生活しているのですが、症状は悪化しているようにも見えます。
消化の良いものでも食べきれず(食欲はあります)、体重は5キロ減少しました。
もともと痩せていたので、今はもうガリガリです。

逆流性食道炎は禁煙・禁酒する事で、かなり改善されますか?
病気が長引いた場合、併発する病気がありそうで心配しています。

いくら言い聞かせても聞いてくれない本人が、一番問題なのですが。
体験談などお持ちの方、お知恵を拝借させて下さい。


- 回答 -
ニコチンの刺激が胃液の分泌を促すので喫煙はあまり良くありません。
逆流性食道炎は慢性化するとがん化することがあり、喫煙はその発症率を増やす要素になります。
しかし、あまり過激な禁煙に誘導すると本人に強いストレスがかかるので、できる限りという意味で担当医が言った通りです。
ただし、これらはあくまでも悪化するスピードをいかに遅くするかというアプローチであって改善せしめるという性質のものではありません。
おそらく現在はタケプロンOD錠を処方されておられるかと思いますが、これらの制酸剤で症状を抑えて行くしか方法がありません。
アルコールの方は体力と比例して量が減少して行くのであまり過敏になる必要はないだろうと思います。

ご質問の文面を読む限り、多少周囲の方が神経質になり過ぎているように思えたのですが、この年齢になると様々な機能が低下してくるので強いストレスを与えるといろいろな疾病が一気に出て来る可能性があります。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎 十二指腸潰瘍 慢性・急性胃炎 実践 検証 動画 結果 購入 レビュー 感想 口コミ ブログ 体験 評価 評判

今回ご紹介する逆流性食道炎の治療法に関する情報は
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎 十二指腸潰瘍 慢性・急性胃炎 実践 検証 動画 結果 購入 レビュー 感想 口コミ ブログ 体験 評価 評判です。
逆流性食道炎でお悩みのあなたの参考になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日わずか10分!
早ければ3日後にも効果を実感できる
逆流性食道炎克服プログラムが期間限定で公開されています。
>>詳細はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

逆流性食道炎で、ガスター10を、買って飲んでいます。
タガメット(シメチジン)、ザンタック(塩酸ラニチジン)、ガスター(ファモチジン)、アシノン(ニザチジン)、アルタット(塩酸ロキサチジンアセタート)、プロテカジン、ストガー (ラフチジン)、まだある?WikipediaのH2ブロッカーです。

H2ブロッカーで、どれが、良いでしょうか?お勧めは、どれでしょうか?
キレがよくて、副作用が無い、少ない、ものです。
根拠なしの、なんとなくですが、アシノンのほうが、良い!感じです。


- 回答 -
あの…病院で逆流性食道炎と診断されたのでしょうか?年配の方の病気ですけど…。診察を受けたならなぜ病院の処方薬を服用しないのでしょうか?
それと…逆流性食道炎は刺激物や油っこい食事はだめです。寝るのも上半身を高くする等の工夫で症状を和らげます。生活に支障が出る程ならば胃の入口を縛って縮める外科手術も行います。
市販薬でなく、信頼のおける医師の治療を続ける事を是非お勧めします。
どうぞお大事に。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

石井あみ 筧利夫 CM 第一三共 アストラゼネカ 逆流性食道炎 呑酸篇

今回ご紹介する逆流性食道炎の治療法に関する情報は
石井あみ 筧利夫 CM 第一三共 アストラゼネカ 逆流性食道炎 呑酸篇です。
逆流性食道炎でお悩みのあなたの参考になれば幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日わずか10分!
早ければ3日後にも効果を実感できる
逆流性食道炎克服プログラムが期間限定で公開されています。
>>詳細はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

乳幼児の逆流性食道炎の治療並びに血液検査結果について
9ヶ月の子が逆流性食道炎の疑いで投薬を開始することとなりました。
薬はガスモチン散です。医師に規定量を上回っていると思われる処方箋を出された(薬局で多いのでは?と問い合わせをしたところ減らすことになったと連絡がありました。先生には思うところあってのことだったようですが。)ことから不安が始まりました。乳幼児の食道炎の治療にガスモチン散は一般的にというか通常使われるものでしょうか?
小児科近くの薬局に在庫が無かったことで余計に不安になってしまいました。
血液検査の結果で気になる部分として指摘されたのは、アンモニア119mgです。本当に問題のある場合は500を超えることも多く、検査までに時間がかかったからなどの理由から上がることもあると言われました。
他は問題なしと言われたのですが、別件で行ったついでにかかりつけ医に参考までにコピーを保存してもよいかと見てもらったところ、AST(GOT)が58で少しこれも気になる、と言われました。肝機能障害が疑われることがあるが風邪をひいているのでその影響もあるかもしれないが、とのことでした。
やはりこの数値はアンモニアの数値と併せて考えても心配なものでしょうか?この二つの数値が悪いことで、どのような病気が疑われますか?
ホームページを見たところ、ガスモチンは重大な肝機能障害をおこすこともあるそうなので、こんな状態で飲んでも大丈夫なのでしょうか?重大な肝機能障害がおきる可能性はこの薬だけ顕著なのでしょうか?
またガスモチンよりも安全な乳幼児でも飲めるお薬があればお教え下さい。
どうぞよろしくお願い致します。


- 回答 -
乳幼児の薬の使い方は、とても専門的かつ特殊なものです。
ガスモチンを小児に使うことはそれ程多くありません。しかし、だから危険というわけではありません。専門外来や、その他特殊な状況では、他の子にあまり使わない薬を敢えて処方することは、ままあることです。

簡単に言えば、風邪ひいたとかお腹を壊したとか、そういう日常的な病気と比較して、乳幼児が逆流性食道炎と診断されることが少ないので、同じ薬を出される子も少ないだけなのです。

ガスモチン散をはじめ、食道炎に用いられる薬は、元々は、大人の胃炎に使われるものです。だから、一般の小児科のクリニック近くの薬局でも、在庫していないことが多いです。しかし、今回は、あなたのお子さんにその薬が必要だったから、薬局が在庫している・していない関係なく、取り寄せてでも用意して欲しいということだったのでしょう。こういうことも、ままあることです。

他の子には、たまたま、あまり使わない薬が、あなたのお子さんには必要だっただけ。あなたのお子さんを直接診察した医師が、あなたのお子さん個人に対して適していると判断して処方した薬が、他の子とは違っていただけです。

薬の量に関しても、専門的で難しい問題です。特に1歳未満の乳児の場合、体重のバラつきも多く、適切な処方量を割り出すのが、難しいことがあります。この場合、医師と薬剤師が、適切な処方量について話し合って決定するということがあります。量的な部分に関しては、薬剤師の方が詳しいこともありますので。あなたのお子さんにとって適切な薬の量を、医師だけでなく、薬剤師も注意して考えてくれているんだと、むしろ安心していただきたい事例です。院内処方で、事務員が薬を渡すところだったら、確実にスルーされますから・・。

副作用情報については、大変稀なケースも含めて、大量に書いてあるので、知識なしで読んでも不安になるだけです。むしろ、ガスモチンは副作用が少なく、安全性が高い医薬品です。他には、例えばガスター散という薬が使われることがありますが、副作用の列挙だけを見れば、ガスモチンよりさらに多いので、不安になるだけかもしれません。ガスターという薬は、大人向けには市販もされている、比較的安全性が高い薬ですが、それでも副作用情報だけの列挙を見れば、ガスモチン以上なんですよ・・。交通事故に合うより、もっと可能性が低い副作用も全部書いてありますからね。

肝機能については、今回やったような血液検査で、状況を客観的に把握できるものですので、それ程心配する必要はないでしょう。今後も必要に応じてそれらの検査もしてもらうことになるでしょうし、お父さん・お母さんもお子さんの状態をよく見てあげることで、変化に気付くきっかけになるかと。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)